いつもの檜枝岐、初めての燧ガ岳

090905_1825~0002.jpg 今年の夏も福島にある檜枝岐村にやってきた。
いつもの村歌舞伎を観て、翌日から尾瀬の燧ガ岳に登り、そのまま尾瀬ケ原を縦走する予定。
このルートは入り口が福島県側、帰りは群馬県側なので車は使えず、今回も電車とバスで移動。
最近は、車で移動するよりも、一杯飲みながらノンビリと電車で移動する方が楽しい。
宿は、団体さんで満員。なんとか一部屋空けてもらい、お邪魔虫状態で潜り込ませてもらった。

IMG_3564.jpg 翌日は朝一番のバスで登山口の御池に行き、初めての燧に出発。
抜群の天気!
写真の様なすばらしい景色の中を行くが、日曜日なのにあまり人がいない。
こちらから尾瀬に入る人は少ないのかな。
へたれハイカーは、おばさん軍団に追い越されるのをものともせず、燧山頂に到着。

燧 山頂の人達は、尾瀬沼側の方に向かっておにぎりを食べたりしているが、自分は反対側の男性的な山並みがお好み。
邪魔にならない所に、ストーブを出して餅入りインスタントラーメンで腹ごしらえ。
コーヒーを飲みながら、のんびりと風景を楽しんだ後で、見晴し方面へ下山。
ここでも、ソロのおばさんに追い越されながら、ダラダラとした道を降りていった。

IMG_3586.jpg 翌日は、山小屋の朝飯をパスして、早朝に出発。
誰もいない朝もやの中を行くのが清々しくて気持ちがいい。
途中のベンチでリゾットとコーヒー。
高級ホテルのレストランなど足下にも及ばない贅沢な朝食だ。
山の鼻まで来ると、朝もやも晴れてきた。
振り返ると、昨日登った燧が男らしくそびえ立っていた。

IMG_3606.jpg IMG_3607.jpg (photo:IXY DIGITAL500)