春の音

昨年の5月11日、檜枝岐歌舞伎の前日に私は会津駒ヶ岳を歩いていた。
19時就寝 会津1日目〜会津駒ヶ岳〜

P5110005.jpg5月も半ばだというのに、山にはたっぷりと雪が残っていた。
しかし、木々の周りは雪が溶けている。
これは「根開き(ねあき)」と呼ばれていて、春がやって来た事を教えてくれる現象だ。
夏道には綺麗な雪解け水がサラサラと音を出して流れ、あたり一面が雪になっても木の根に耳を近づけると雪の下を水が流れる澄んだ音が聞こえる。
そんな音に包まれながら歩くのも、春山の楽しみの一つなのかもしれない。

IMG_3371.jpg 残念ながら、今年の歌舞伎は新型コロナウィルス感染拡大防止により村全体が冬眠に入り、中止になってしまった。