楽園は近くにあった 1日目〜浮島から千貫門〜

10月4日 19時36分 イイダーからメールあり。
宛先は、自分とワンチャン。

「子供達が田舎に行って自由になったので、塩島さんのツアーに参加しようと思っております。連休に伊豆は?」

おお〜〜伊豆か。
行ってみたい。
天気は?
そうかそうか、イイダーが言い出しっぺにも関わらず、ずっと晴れマークが並んでいる。

暇○ワンチャンも行けるらしい。(あたりまえか?!)
ただ、自分は土曜日に法事があるので、行くとしても日曜日朝からになる。
イイダーが子浦に宿を取ってくれるということで、日曜の朝に子浦に集合し、その日の夜は宿で海鮮三昧…という計画が速攻で決定した。
全員が伊豆初心者。

土曜日に風波をチェックしたところ、どうも南伊豆エリアの風が強そう…ってことで、集合場所を西伊豆の浮島(ふとう)に変更。
浮島ってどこ?(^^;

イイダーは塩島さんの講習を受けるため、月曜日は別行動。
日曜日の早朝にワンチャンと合流し、浮島へ向かった。

浮島浮島

浮島到着。
うわ〜〜いい所だっ!
いっきにテンションがアップ。

浮島 フェザークラフト

さっそく、ワンチャンとトイレの前で組立開始。
例によって、知らないオジサンが近づいて来た。

「これって、何年くらい使えるの?」
「そうですねえ〜。丁寧に使えば30年くらいは使えると思いますよ〜。もう自分は生きてないですけど。」

って、話したらニヤリとして離れて行った。

浮島 不知火

"一時自由人" のイイダー到着。
今日も不知火号はキレイ。
キズ防止の為、あっちこっちにガードを貼付けている。

浮島 出艇

艇を海岸に下し、荷物を詰め込めば出発準備完了。
今回は民宿泊なので、余裕しゃくしゃくでパッキング。
ソフトクーラーは、例によってワンチャンが担当し、相変わらずサクッと収納している。

IMGP0393.jpg(撮影:ワンチャン)

出艇した途端、こんなダイナミックな岩の間を抜けて行く。
なんだか、底からブクブク泡が浮いてくるなあ〜と思ったら、ダイビングしている人が数人いた。
気をつけないとね。

PA090010.jpg

知らない海を漕ぎだすこの瞬間がたまらないっ!
本当は、ワンウェイで行けるといいんだけど、今日は千貫門まで行って、引き返して来る。
寄り道しなければ、行程は20キロちょっと。

PA090019.jpg

浮島の辺りだけでも、ロケーションがいいので、けっこう楽しめる。
こんな調子で往復できるのかと心配になる感じ。

CA3I0058.jpg

まだ数枚しか撮っていないのに、TG-310が "バッテリー無し" で起動不能になった。
満タンに充電してきたのにおかしいなあ。
前回の三浦キャンプツーリングの時も同じ事があったので、保証期間があるうちに修理に出した方がよさそう。
この写真から携帯(G'zOne TYPE-X)で撮影することに…トホホ。

IMG_0781.jpg

松崎を超えた辺りの浜で休憩。
他にも、カヤッカー5人のパーティが休憩中。
リーダー格の人と少し話してみたら、どうもシーカヤックスクールの先生かガイドさんみたいな感じ。
カヤックの扱い方がめちゃくちゃ巧い。
家も自分の家の近くらしく、世間は狭いねえ〜。

その人の話によると、南伊豆では5メートルくらいの鮫が出没するらしい。
明日は、そのエリアを漕ぐ予定なんだけど…ちょいビビリが入った。

後から、フェザークラフトのJAVAに乗った親子も到着。
なんか羨ましい。
その人は今、ウィスパーかカフナを買おうと企んでいる。

烏帽子山

シーカヤックマラソンで有名な岩地や、ダイビングで有名な雲見を過ぎて、もうすぐ烏帽子山。
あの岬を抜けると千貫門がある…はず。

CA3I0062.jpg

太陽が雲に隠れ薄暗い中を、烏帽子山の岸壁ぎりぎりに通過して行く。
ちょっと不気味な感じ。

烏帽子山は、標高163メートル。
これは、霞ヶ関ビルよりも少しだけ高いらしい。

DSC03936_2.jpg(撮影:イイダー)

ダイナミックなのは南伊豆だけかと思っていたけど、西伊豆も漕いでいて楽しい。
飽きない海岸線が次から次に現れる。

千貫門(撮影:ワンチャン)

千貫門に到着。
お〜〜思ったよりもデカい!

千貫門

ワンチャンが、下を通過しようとしている。
デカいデカい。
比較対象があると、デカさがわかるね。
これを見たら、粟島の鳥居岩は赤ちゃんクラスかな。
粟島 2日目〜内浦から内浦〜

IMG_0784.jpg

千貫門の下をくぐった先のゴロタ浜で昼飯休憩。
世界各地を旅したことのあるイイダー曰く。

「伊豆がこんないいとは思いませんでした! ここなんてノルウエーって言っても信じちゃいますよ。」

そうなの?
たしかに、すばらしいとしか言いようのない景色で、ここまで来れて大満足。

IMG_0789.jpg

今日の献立は、野菜たっぷりの焼きそばと、千葉でもやったトッポギ。
富浦で沖縄を感じる 1日目〜金谷から富浦〜

それと、もちろんビール!
こんな所で昼飯が食えるなんて最高!

飯の後、イイダーは昼寝。
自分とワンチャンはスノーケルで思い思いの時間を過ごす。

おっと、気がついたら、もうすぐ14時。
そろそろ出発しないとね。

CA3I0077.jpgCA3I0076.jpg

太陽の当たった烏帽子山が綺麗。
風も大丈夫そうだ。

伊豆 海蝕洞

ここから浮島までは2時間くらいかかるのに、こんな海蝕洞があると寄らずにはいられないっ。
甑島から帰ったばかりのイイダーも大満足。

伊豆 海蝕洞伊豆 海蝕洞伊豆 海蝕洞

風の吹き出しがあった松崎港の2キロを辛抱強く超えて、予定通り浮島の近くまで戻ってきた。
と思ったら、まだまだオマケのお楽しみは続く。
あ〜楽しかった。

GPS-Trk 2GPS-Trk 2

航行距離は、24.2キロ。
帰りもなんだかんだで、平均時速5キロくらいで漕げてたみたい。
海況もよくて最高の一日だった!

今回から、iPhone用のGPSアプリは「iTrail」から「GPS-Trk 2」に変更。
使いやすいし、安定して動いてくれるので満足。
(2日目につづく)

フェザークラフト