16才


ローラ・デッカー -Laura Dekker- さん(というか、"ちゃん")が、ヨットで単独世界一周航海をやり遂げた。
もちろん最年少記録。

※ニュース記事(著作権保護で写真をシェアできないのでリンクだけ)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2852311/8334658

オフィシャルサイト
http://www.lauradekker.nl/English/Home.html

Weblog
http://www.lauradekker.nl/English/News.html


laura_route.jpg スゴイを1万回。
いや〜16才ですよ16才。
斉藤実さんもビックリ。

自分が16才の時なんて、毎日高校に通って授業中は居眠り、放課後はバレーボールの練習でしごかれ、帰りにチェリオをカブ飲みしてただけ。
16才でも、何かをやれる可能性ってのは無限なんだなあ〜と思うと同時に、1年以上も学校に行かずにいれる環境もすばらしいし、親もよく送り出してくれたもんだと感心することだらけ。


このニュースを知ったら、1974年に公開された映画「The Dove」を思い出した。

これも、16才の男の子がヨットで世界一周する "本当の話し" なんだけど、この映画を観た時、自分は17才。
その当時は山ほど映画を観てて、その都度感じたことをメモしていたけど、この映画につけた点数は120点。
一番好きな映画だった。

今から11年前にもう一度観たくなり、アメリカのAmazonにビデオを注文した。(日本では販売されていなかった)

このテーマ曲に乗って、主人公のヨットが海の上を気持ち良さそうに進んで行くシーンを観て、自分でも何かできるはずだと思った記憶がある。
結局たいしたこともできず、今に至っているけど、若い時にこういう夢のある話しを観たり聞いたりすると、おおいに刺激を受けると思う。


You Tubeでこのビデオを探していたら、こんなビデオも見つけた。
説明を読むと、実際に世界一周したロビン・リー・グレアム -Robin Lee Graham- が使った「Dove号」に乗り、ハワイでセーリングした時の様子らしい。

このビデオもいい。


話しは違うけど、20代の頃は、よくこういう感じの曲を聴きながらドライブしてたなあ。
懐かしい時代にタイムスリップさせてくれるYou Tubeは、いいサービスだ。