ミウラ・ブルーの海を行く 〜三戸浜から荒崎、城ヶ島〜

P3140002.jpg

3月14日の水曜日。
平日にも関わらず、何故か三戸浜にいる。
はい。
週末になると天気が悪くなるという状況に我慢できず、会社を休んで来てしまった。

海快晴の風予報はどこに行っても1メートルってことで、最初は菊名海岸に行ってみた。
が!!
常時7メートル、ブローで10メートルくらいの北東風が吹き、海上ではウサギがピョンピョン跳ねている。

仕方がないので、ダメ元で戸津浜に行ってみたら、案の定こっちもダメ。
この場所でも海面がキザキザしているので、こんな時に毘沙門方面に向かったら酷い目に遭いそう。

ぜんぜん予報外れてるじゃん…って言うか、最近の海快晴は思いっきり外れることが多い。
天気図を見て、自分で判断できるようにならないとダメなのかな?!

IMG_2074.jpg

というすったもんだがあって、三戸浜。
少し風はあるけど、海面は穏やか。

スキンの修復が終わったウィスパーを組み立て、波打ち際にカヤックを運ぶと、砂浜には色とりどりの海藻が打ち上げられていた。

P3140018.jpg

出艇。
今日の潮は抜群の透明度。
ガシガシ漕がず、下を覗きながらノンビリと荒崎方面に向かって行く。

P3140026.jpg

黒崎の鼻の辺りでは、鮮やかなブルーに染まった海面に風紋が広がって美しい。
きれいだ!

P3140028.jpg

この時期は、あっちこっちで海底からホンダワラの茎が伸びている。
ホンダワラは、数メートルもの長さで海面に漂い、そういう場所は波が押さえられている。
風でさざ波が立っている場所との間には境界線が現れる。

P3140034.jpg

黒崎の鼻を越えた辺り。
今日は海も岩も空も、全てが優しく迎えてくれているように感じる。
こういう海に出会えるのは年に何度もない。

P3140038.jpgP3140039.jpg

栗谷浜漁港を通り過ぎ、荒崎に続く海岸と向き合う。
いつもは大きなウネリで波がブレークしてくるポイントだけど、今日は穏やか。

それにしても…ここ三浦ですよ三浦!
見慣れた景色のはずなのに、なぜか新鮮。

P3140041.jpgP3140043.jpg

いつも波や釣り人で入れなかった "ドンドン引き" に初めて入ってみる。
こういう場所への侵入はいつもワクワクする。
一番奥には上陸可能な小さい浜があった。

いつもの荒崎沖で海上休憩。
風も止み、気温も上がってきた。
当然ビール。
休憩の後は、沖出しして一直線に城ヶ島方面に向かう。

P3140050.jpg

諸磯の岩礁帯では、沢山の海鳥が日向ボッコ中。
飛んでくれないかな…。

P3140045.jpgP3140046.jpgP3140051.jpg

飛んでくれた!

P3140053.jpg諸磯の海。
すごいねえ。
ケラマ・ブルーにも劣らない、"ミウラ・ブルー" の海だ。

P3140055.jpg

城ヶ島では、ウツボ丼を食べた。
ウツボは久しぶりに食べたけど、白身の魚と同じくらい柔らかくて美味い。
天気は最高で、上着なしでも大丈夫なくらいポカポカ。

三崎堤防には、来る時にはいなかった工事用イカダがタグボートに引っ張られて進んでいた。
もう少し、近くを通過したかったんだけど、イカダの上にいる人が、身振りで「あっち行け〜」と合図してきたので、仕方なくこの距離で撮影。
それにしてもタグボートは力持ちだ。

P3140057.jpg

三崎堤防は、延々と続く感じがして好きじゃなかったけど、何度か通っているうちにそれほど "延々" って感じがしなくなった。
なので、今ではそれほど嫌いな場所じゃない。
ただ、ウネリが入っている時は三角波でバシャバシャしているので嫌い。

P3140060.jpg

城ヶ島を出る時に、シートのバックルを止め忘れてしまったので、背もたれが4番クロスリブの中に入ってしまい漕ぎづらい。
諸磯の浜に上陸して、直すことにする。
すばらしい天気でパドリングが気持ちいい。

P3140061.jpg

ハイアングルでのショット。
手が冷たくなった時は、ブレードを入れる時に手も海水に浸けると暖かい。

P3140065.jpg

諸磯に近づいた。
写真がへたっぴで、どこまでも続く透明な海が表現できない。
でも、脳裏には焼き付けた!

P3140071.jpg

諸磯に上陸。
潮が澄み切っているので、まったく違う海岸に乗り着けたように感じる。
ここでシートを直して再出艇。

P3140073.jpgP3140076.jpg

どんなもんでしょ?!
少しは、この海を感じられるかな?

P3140078.jpgP3140079.jpgP3140080.jpg

荒井浜の辺り。
帰るのがもったいないくらいのすばらしい海が続くが、時々見かけるゴミを拾いながら、北上して行く。

P3140085.jpgP3140090.jpg

ブルーの海、ブルーの空に挟まれたシーボニアを眺めながら、小網代湾を横断して行く。

P3140091.jpg

時間があるし、暖かいのでホモビーで休憩することにした。
手前の入り江はホンダワラでびっしり!
こうなると、スキュリューのない船でしか近づけない。

極楽ポイントに上陸。
ストーブでお湯を沸かして最高のコーヒータイムで一服する。
ちなみに、ストーブと水とコーヒーはいつでもカヤックに積んである。

P3140094.jpgP3140095.jpgP3140098.jpgP3140100.jpg

ホモビーを離脱して、三戸浜に帰還する。
浜の手前まで来ると、青空が海に映り、上も下も全部空になった。

IMG_2091_20120315.jpgIMG_2083_20120315.jpgIMG_2080.jpg

カヤックをカートップし、コーヒーを飲みながらショーを楽しむ。
三浦の西海岸は、最後のお楽しみがあるからいいよね。
それにしても、今日の海はサービス満点だった。豊かな自然に感謝。

map_20120314.jpgホモビーを出る時にGPSを"再開"させるの忘れたので尻切れトンボ

speed_20120314.jpg