左へ 〜奥利根湖〜

相変わらず海は風が強い…。
山は風がなく紅葉シーズン真っ盛りである…3年振りに奥利根湖に行ってみることにした。

PA230002.jpg PA230001.jpg最近は22時前には就寝、5時前には起床というおじいちゃん生活を送っているので早起きは得意である。
夜明けの数時間前に自宅を出発し、7時に管理道路のゲートに到着するとボートを牽引した車が1台停まっていた。
あれ?なんで停まっているんだろ?…と思いながら横を通過して行こうとしたら、なんとゲートが閉まっていた。
ガ〜ン!
看板には「10月1日より11月30日までの間 管理用道路の通行時間は午前8:00から午後17:30まで」と書いてある。
前回来た時(2012年5月)は、6:00に開門だったのでてっきり同じ時間に開くものと思っていた。

奥利根湖奈良俣ダムに行って時間を潰し、8時前に開いたゲートをくぐって矢木沢ダムに到着。
ボートやカヤックを積んでくる人達の邪魔にならない場所に車を停め、カヤックを組み立てた。
目にも鮮やかな紅葉が辺り一面に広がり…という光景を想像していたんだけど、実際に来てみるとそれほどでもない。
もっと青空が出れば違うかな?…と思っていたら、予定よりも早く雲の隙間から陽がさしてきた。

奥利根湖例によって、管理事務所の前で住所・氏名・緊急時の連絡先・行き先・時間などを記入し、侵入路までカヤックを運ぶ。
ちなみに本日の行き先は、2012年が「右」だったので、今回は「左へ」。
右か左か 〜奥利根湖〜

奥利根湖 奥利根湖貯水率99%の奥利根湖にカヤックを浮かべ、紅葉カヤック開始。
湖を独占できるかな?!…と淡い期待を抱いていたものの、カヌーツアーが二組ありボイジャーの準備をしていた。

奥利根湖 奥利根湖 奥利根湖ヘボな腕前でもいい写真を撮りたい!…と思いながら岸ベタを漕ぎ進むものの、見たイメージをそのままカメラに収める事ができない。

奥利根湖 奥利根湖進めない。進めない。

奥利根湖 奥利根湖湖の奥が見えたので、まっすぐ向かって行く。
白い砂地に紅葉の森が映え、まるで天国のように見える。

PA230053.jpg 奥利根湖右の流れ込みの方が水深があったので、ギリギリまで進んで上陸。
ここで昼飯にする。
献立は、味噌ラーメンにハムステーキ、それにノンアルコールビール。

奥利根湖 PA230064.jpg天気もよくポカポカで大変気分がいい。
それにしても、さっきから私の周りを全長2センチくらいの蜂が飛んでいて、食材やシェラカップの淵に止まっている。
いなくなったなあ〜と思ったら、今度は首の辺りに止まっていた。
蜂の種類には詳しくないので名前がわからないけど、なんとなく危険な感じはしないので、好き勝手にさせておいた。

奥利根湖 奥利根湖1時間以上のんびりしてから出発。
静かな湖畔を楽しみながら戻ろうと思ったものの、南の風が吹き始めてきた。
今日は終日1〜2メートルの予報だったにも関わらず、確実に6〜8メートルは吹いている。

奥利根湖 奥利根湖幽の沢へ続く入り江を奥へ進んで行く。
それにしても、なぜこの辺りの沢は「幽の沢」「悪沢」などという恐ろし気な名前が付けられているんだろう。
今は奥利根湖でキャンプはできなくなってしまったけど、たとえできたとしてもこの入り江ではしたくないかも…。

奥利根湖最深部を確認。

奥利根湖幽の沢へ向かう時は、風裏で無風だったにも関わらず、何故か帰り道は、完全な向かい風。
まるで、幽の沢へ押し戻そうとしているかのようだ。(^^;
あ〜恐ろしや恐ろしや。

(あとがき:2015-10-24)
Google Earthにカメラで記録したGPSログを読み込んでみたら、めちゃくちゃなログが取られていた。
次回からはiPhoneで取ることにしよう。

map_20151023.jpg