エメラルドの海 〜葉山大浜から城ヶ島〜

今日は、ワンチャンを誘って、葉山から城ヶ島までのワンウエイ。

ほんとうは、漕いでる時に逆光にならない城ヶ島から出艇の逆コースが良かったんだけど、葉山公園辺りには早い時間から開いている格安駐車場が無いので、泣く泣く諦めた。

24時間営業の城ヶ島第4駐車場で待ち合わせして、自分の車を置き、ワンチャンの車で葉山公園の駐車場へ向かう。

葉山公園には8時前に到着。
なぜか1番乗り。

長者ケ崎 9時過ぎに出艇。

この時間帯は潮位が高いので、長者ケ崎の左側を行く。
ほぼ地続きの時しか知らないワンチャンが、「ここって通れるの?」的な心配顔で振り向くが、黙々と後ろをついて行く自分を見て、意を決して通過する。
はい、ぜんぜん大丈夫です。

ビールを買い忘れたので、秋谷海岸の細高商店で調達。
この店のご夫婦はいつも感じかいい。

荒崎 ほぼ1年ぶりに小田和湾を横断。
そして、久しぶりの荒崎。
周期の長いウネリに乗りながら、気持ちよく海上で休憩する。
近くをすれ違っていく見突き漁の小舟が、ウネリの間で見えなくなったりするのが楽しい。

今日の昼飯は荒井浜の海上亭(民宿の方)の予定。
休憩後、岸沿いで行くか沖出ししてまっすぐ荒井浜へ向かうかをワンチャンに聞いてみた。
「まっすぐ行きます。」
はい、お腹ペコペコってことですね!
了解。

荒井浜 荒井浜はエメラルドの海。
ここはいつ来ても綺麗だ。

IMG_1117.jpg ワンチャンはマグロの漬け丼、自分はマグロのホホ肉揚げ定食。
旨し。

IMG_1118.jpg ひげ爺と記念写真。
ちなみに、ひげ爺本人は、海上亭のWebサイトに載っているひげ爺のイラストにソックリ。
もとい、イラストはひげ爺本人にソックリ。
初対面でも一発でわかります。

完全に凪になった海上では、ナマコ捕りの船がユラユラと漂っている。

今でも綺麗に見える荒井浜は、その昔はもっともっと綺麗だったらしい。
テトラポッドが数個置かれただけで、潮の流れが変わってしまう海は、すぐに "死んだ海" になる。
沖縄の辺野古はどうなるんだろうか…。

IMG_1122.jpg 気持ちも胃袋も満足して、最後の一漕ぎ。
まだ14時だというのに、写真では光線の加減で夕暮れの雰囲気。

IMG_1123_20120114.jpg 三崎堤防脇は、大きなウネリが四方八方からやって来てドンブラコ状態。
気持ちいい〜〜。
温かくて、優しくて、地球の大きな手のひらに溜まった水の上に船を浮かべて、ユラユラされてる感じ。
このままずっと漕いでいたい。

葉山公園に置いてきたワンチャンの車を18時までに取りに行かなきゃならないので、一周しないで上陸。
気持ちよく降り注ぐ西日の中で、カヤックが久しぶりに乾いていく。

やっぱりワンウエイは楽しい。

map_20120114.jpg speed_20120114.jpg