ワイルドキャンプは無理だった 〜決行前夜〜

10月14日、イイダーから「秋のキャンプツーリング」お誘いメールが届いた。
その後毎日のように、「どこから出る?」「どこまで漕ぐ?」のやり取りがあり、ほぼ計画も決定。
後は、海況がいいことを祈るだけとなった。


weather.jpg

決行当日2日前。
天気予報は悲惨な状況を伝えている。
土曜日も日曜日も風速は10メートル以上。行ってみないとわからないこともあるが、漕げる確立が限りなくゼロに近いのは間違いないだろう。

ワンチャンからの「私には無理〜」発言を待つまでもなく、誰もが中止と思っていた。
タケさんからは、「内房に変えるとか」という提案もあったが、それでも風速は7メートル。
予報でこの風速だと、保田界隈はビュービューの出し風で厳しい。

中止決定…となる直前、ワンチャンから起死回生の案が提示された。
「伊豆やめて裏磐梯キャンプはいかがです?紅葉も見納めのラストチャンス!」

ふむふむ…裏磐梯かあ。
去年もちょうど同じ頃に2泊でキャンプに行ったけど、たしか気温は4度くらいだったような…。

まして、イイダーは奥さんに早々とキャンプ中止の報告をしてしまい、土曜日は "ワイルドキャンプ" あらため "授業参観" という天地がひっくり返る様な方向転換をしているらしい。

私「裏磐梯行きます?!寒いよ〜最低気温4℃」
ワ「凍え死にますかね...^^; 着込んでホカロン持って…じゃ甘いですかね?...^^;」
タ「実は冬用の装備がまだ揃っていないので、ちょっと不安です。」
イ「寒さ、まったく問題ありません。へっちゃらです。」

この結果、"伊豆ワイルドキャンプ" から "裏磐梯ファミリーキャンプ" への変更が、全会一致で決定された。
"ドキドキ・ワクワクのキャンプ" から "ワクワクのキャンプ" になっただけととも言える。
イイダーは、奥様への誕生日プレゼントを奮発するらしい。

さて、そうと決まればキャンプサイトには車で乗り付けられる。
カヤックで移動する "持って行くものは必要最小限コース" から "なんでも持っていっちゃいましょ〜コース" に、これまた変更されることになった。

ワ「鍋にしようと思います。」

ふむふむ楽しくなってきた。
(1日目につづく)