三浦キャンプも悪くない 2日目〜葉山から逗子〜

2日目の朝。
こんな時にしか早朝の海を漕ぐ機会がないので、早めに起きて準備を始める。

朝飯は、ものすごく久しぶりにアルファ米の「梅わかめご飯」にしてみた。
あれ?あまり美味しく感じない。
これも愛がない食べ物なのかな?
愛はあるか?

フェザークラフト 長者ヶ崎

コーヒーを湧かしていると空に赤みが増してきた。
風はなく、今日もいい天気になりそうだ。

9時半過ぎの干潮に向けて、どんどん潮が引いていくので、ノンビリしているとカヤックを浮かべるのが大変になってしまう。

フェザークラフト 長者ヶ崎

磯で足を滑らせないよう、だいぶ潮が引いてしまった先にある水際まで慎重にカヤックを運んだ。
カヤックを浮かべた状態でパッキングをする。
海に素足を浸けていても冷たくない。

準備完了。

P4270064.jpg

6時に出発。
葉山の朝は初めてなので、なんだか新鮮な感じがする。

フェザークラフト 葉山

葉山大浜から一色海岸にかけては昨日の風の影響か少しだけ波があった。
カヤックが一艇もいない代わりに、漁師さんの舟があっちこっちに浮かんでいる。

フェザークラフト

柴崎をまわり真名瀬に向かう。

釣り船が、人を乗せたボートを数珠つなぎにして、沖まで引っ張っている。
まるでカルガモの行進のように見える。
穏やかな海の一日の始まり。

フェザークラフト 森戸北浜P4270078.jpg

時間が早いので、お気に入りの森戸北浜に上陸。
ハマダイコンの花に囲まれた小さな草地があったので、そこに座ってコーヒーを飲む事にした。

この浜では、相変わらず穏やかな時間が流れている。
できることなら…、いつの日かこの浜に面した家で暮らしてみたいものである。

P4270086.jpg

ゴールの逗子へ…と思ったら、風がないせいかウインドの人達がいない。
まだ早いので、行ったことのない小坪の方へ足を伸ばしてみますかね。

大崎

大崎辺りは、潮が引き過ぎていて近づく事ができなかった。
ここも潮が澄んでいたらきれいなんだろうね。
さて、名残惜しいけど帰りましょう。

IMG_3768.jpg

いつもの場所に上陸。
昨日とは違いジャケットとパドリングパンツで漕いできたけど、撤収時は気温も上がり半袖。
そして、半袖のまま帰途についた。
新逗子駅には改札が二つあり、今回は登り方面の改札から入ってみた。
これが失敗。
こっちの改札は2階にあり、そこからホームに降りる手段は階段しかなかった。(泣)

暑いので、地元駅からはタクシーを使った。
乗り込む際、運転手が手伝いながら一言。

「山ですか?」
「いや海です」

運転手は「?」マークを顔に貼付けたままハンドルを握った。

map_20140427.jpg