初めての南風 〜宇茂佐撤退〜

6月5日 金曜日。
今日から3日間海で遊びたい…と思っているけど、沖縄はまだ梅雨。
天気予報には、毎日雨マークがついていて、ニコニコ晴れマークは一つも無い。
組立て中と撤収中に雨が降らず、風が無ければいいな〜と念じながら、いつもの幸喜ビーチにやってきた。

幸喜ビーチ

何故か快晴。
そして、心配していた風も問題ない…よ〜に感じる。
ただし南風。

沖縄の海を漕ぐのは、夏が終わりミーニシ(北風)が吹き始めた頃しか経験がない。
この時期のように、南風が吹いている状況は初めてなので、強い風じゃなくても、波が立つとちょっとやっかいな気がする。

幸喜ビーチは綺麗になっていた。
台風の後で荒れ果てていた前回の様子はこんな感じ。
LUEを目指せ2012 1日目〜幸喜ビーチからLUE〜

幸喜ビーチ

浜から見る海は風もほどほどで波はない。
家財道具一式を積んでいるので、なるべく舟の中に水を入れたくない。

許田P6050006.JPG

これまでの名護湾で最高のコンディションの中を、岸沿いに許田まで漕ぎ進み、そこからまっすぐ宇茂佐(うむさ)方向にカヤックを向けた。
念のため帽子のあご紐は締めている。

穏やかな追い波で順調に漕ぎ進み、湾の中ほどまで来たところで風と波が上がってきた。
波頭の砕けたピッチの早い波が左後方からやってくるので、カヤックが常に追波で持ち上げられる。
波でカヤックを曲げられた後で、別の波をくらうとバランスを崩す。

注意しながらパドリングしていく。
時間が経つごとに波高が上がってきたので、なるべく横から波をくらわないようにカヤックの向きを少しだけ東向きに変更する。
あと15分だけ我慢して漕ぎ続ければ岸に近づくので、少しはマシになるかもしれない。

名護湾海が浅くなり色が変わった。
真夏の様な日差しに照らされた淡いグリーンの海がどこまでも続いている。
砂浜は微妙なサーフだ。
予定していた宇茂佐公民館の300メートルくらい手前に波の少ない場所があったので、そこへ上陸した。

宇茂佐横断を開始してから50分しか経っていない。
ちなみに、これまでで一番時間がかかったのはミーニシに吹かれた2時間。
通常でも1時間を切ったことはない。
LUEを目指せ 1日目〜幸喜ビーチからLUE〜

上陸後間もなくすると、名護湾は全面でウサギが飛びまくり始めた。
吹き始めがあと1時間早かったら横断はしなかっただろう。
予報では15時までこのまま風が吹き続けるはずだけど、時間はたっぷりあるので、この場所で様子を見ることにした。

宇茂佐撤退決定。
今日はカヤックをばらさなくてもいいと思ったのに…残念。
しかし、雨予報は外れ日中はずっと晴れていた。
これで雨でもドシャ〜と降られたら、"のんびり風待ち" などと悠長な事は言ってられなかった。
晴れ男ではある。しかし風男なのかもしれない。

明日は、天気は悪いけど風はなし。
逆よりはマシだ。

map_20150605.jpg