グリーングリーン 〜みどり池入口からしらびそ小屋〜

6月13日 木曜日、関東は梅雨の真っ只中。
ところが今日と明日は晴れマークが並び風も穏やか、そして週末の天気は雨…ふむ、これは「今日行っとかないと後悔しますぜ!!」的なパターンだと直感した。
…と、奇しくも前回と同じような書き出しになってしまったけど、2週続けて木曜日にリフレッシュ。
先週は海だったので、今日は背中の閉まらないウェットスーツを着なくてもいい山歩きをする事にする。
さらに!! 日帰りなのに、近所の山ではなくて八ヶ岳である。
最近は自動的に朝4時頃目が覚めてしまうので、早朝出発はお茶の子さいさい。
ちなみに、「お茶の子さいさい」というのは、「お茶の子=サクッと簡単に食べられるお茶菓子」と「さいさい=サーのヨイヨイ」が合わさった言葉で、現代風な言い方をすれば「そんなのめちゃ簡単だもんねぇ」って意味である。

IMG_9989.jpgってことで、自宅を早朝5時に出発。
稲子湯温泉のトイレを借りてから、みどり池入口の無料駐車場に車を置き、8時半に歩き始めた。
新緑のグリーンが眼に眩しい。
今日は、しらびそ小屋まで行って折り返してくるだけなので、歩いている時間は3時間くらい。
途中途中でのんびりしながら13時半くらいまでに戻って、稲子湯の絶品日帰り温泉に入って帰る…という計画である。

P6130002.jpg脇に流れる川の音を聴きながら、シダの茂る快適な登山道を歩いて行く。

P6130004.jpgP6130005_20190613.jpgこの時期の八ヶ岳山麓は若く爽やかなグリーンの新芽が吹き出し、青空に映えてますますグリーン。
まさに、辺り一面グリーングリーンである。

IMG_9993.jpgしらびそ小屋に到着。
ちなみに、みどり池入口からは標高差500メートルだけど、なぜか全く疲れない。
こんな道なら標高差1,000メートル…いや1,500メートル登っても疲れない気がする。
日帰りじゃなければ、このまま歩き続けたい。

すでにお腹が空いていたけど、せっかくなので、しらびそ小屋でコーヒーを貰う事にした。
注文したのはケーキセットで、コーヒーもジャムがのったレアチーズケーキも美味い!!
かりんとうが付いた日本茶も美味しそう。
若い小屋の主人に池の先に見える立派な山の名前を聞いたら、稲子岳ではなくて天狗岳だった。
稲子岳は池に向かって左側から見える、これまた切り立った山である。

コーヒーが終わり小屋の外に出ると、一人のハイカーが木のベンチに腰掛けていた。
「今日はいい天気ですね。」
「はい。ほんとは今度仲間と来る計画があるんですが、今日の天気予報を聞いたら我慢できなくて一人で来ちゃいました。」

天狗岳を見ながら小屋の近くで昼飯を食べようと荷物を広げると、やたらとハエがたかってくる。
我慢して支度を続けてはみたものの、とてもノンビリ食事ができる状況ではない。
仕方がないので、絶景を見ながらの食事は諦め、帰り道のどこかで食べる事にした。
しかし、場所を変えてもハエがいない保証は無い。

来た道を半分ほど戻り、こまどり沢で荷物を広げると、幸い一匹のハエもやってこない。
ここは川で顔を洗えるし、マイナスイオンもたっぷりとありそうで、なかなか居心地がいい。
目の前には、今にも倒れそうな老木が沢山ある。
登山道からも外れた場所なので、ノンビリと昼飯を食べる事ができた。

IMG_9998.jpg八ヶ岳は水が豊富である。
登山道の脇に小さな池の様なものがあったり、爽やかな風が通り抜ける場所があったりする。

IMG_9999.jpg駐車場から稲子湯温泉に戻って、温泉を借りた。
話に聞いていたとおり、素晴らしく気持ちがいい温泉である。ただしドライヤーは無い。
この温泉宿の食事は美味しそうなので、今度は泊まりで来てみたい。