気分はハムレット 〜松崎から千貫門〜

早いもので明日からはもう師走。瞬きしている間に今年も終わってしまうだろう。
私のような年齢になると、本当に「1年経つのが早い」って思う。
「年々月日の経つのが遅くなるんだよね〜」なんて呟く奴はただの一人もいない。
最初は遠いなぁって感じた道でも、何度か通ううちにそうでもなくなったりするように、人は同じ事を経験する度に、時間を短く感じるのかもしれない。

このブログをご覧になっている方は気がついているかもしれないけど、昨年の11月を最後に私はソロでしか海に出ていない。
一度だけ仲間と伊豆へ行ける機会があったけど、別のフィールドを選んでしまった。
西伊豆のドラマ
ハマちゃんは撤退続きの遠征で疲れきっているし、キッカーはバタフライカヤックの代わりにSUPを手に入れて釣り三昧。イイダーは5月の "鯛づくし" 以降海から遠ざかり先月は1ヶ月近くヨーロッパを彷徨っていた。
そして、紅一点ワンチャンは介護生活をきっかけに2年近く軍艦ウィスパーを組み立てていない。

…で、11月30日 土曜日。
この週末の天気予報は晴れ、伊豆の西側に吹く風も穏やかそうに見える。
しかし「伊豆に繰り出しましょうか」と話していたハマちゃんは、何かを感じ取ったようで金曜日に「コタツでヌクヌク」を選択した。
私は迷った末、とりあえずイケアバッグにキャンプ道具を詰め込み、5時半に自宅を出発。
3年ぶりに松崎を目指した。
楽しい介護

IMG_1902.jpg今日は今冬一番の冷え込みになったらしく、箱根の山中はマイナス2度。伊豆縦貫道に入ると、凍結情報が出ていた。
箱根はともかく、伊豆の一般道で凍結?…と疑いながら走っていると、修善寺戸田線の2箇所で事故があった。
1台は横転したようで警察が事故処理中、別の場所のもう1台は壁に張り付いていた。

富士山は前日降った雪と冷え込んでクリアになった大気で、「これぞ富士山」って感じ。
土肥辺りの海はザワザワしている。

IMG_1903.jpg松崎海岸に到着。
カヤックを組み立てた後、目の前の海と予報を見比べながら少し考える。
明日の午前中に雨がパラつくけど、予報ではそれほど風は吹かない。
向かいたい場所は南。いま入っているウネリと西風に変わる予報を見ていると、それほど楽観できる海でもない…ように思う。
「持つべきか、持たざるべきか、それが問題だ」…ハムレットのように暫し考え、今回はテントを持っていかないことにした。

砂浜は防砂ネットが設置されていて、カヤックを海に出すには伊藤園ホテルの方まで担がなければならなかった。

PB300002.jpg1年と1ヶ月ぶり、伊豆の海に漕ぎ出した。
南へ向かう。

PB300007.jpg防波堤の外に出ると、ツアー(?)のカヤックが2艇見えた。ガイドは村田さんかな?
とりあえず近場の海蝕洞を1本。

PB300014.jpg萩谷崎に向かう途中で、海面に小さな毛嵐(けあらし)のようなものが見えたので近くに寄って観察。
けあらしは、4年前の下田でも見た事がある。
下田の犬走島堤防の近く

あるサイトの説明によると、けあらしは「気温と海水の温度差が15℃以上、風は穏やか、快晴の早朝」という条件が揃った時に発生するらしい。
数年前ここでスノーケルした時、一部の場所で目の前がユラユラし、体がホンワカと温かくなった事がある。
その時は漠然と温泉が沸き出しているのかな?って思ったけど、やっぱりこの場所は水温が高いらしい。

PB300021.jpgIMG_1906.jpgいやらしい追い波に押されながら烏帽子山を回り、千貫門手前の浜に上陸。
珍しく、千貫門には観光客がいない。

IMG_1911.jpg昼飯はオーマイの生パスタ&たらこソース。
早ゆでスパゲッティと同じ茹で時間でもっちりとした食感が味わえる。

食後のコーヒーを飲みながら烏帽子山の脇を見ると、なんだか海面がギザギザし始めている。
ふむ…食後の昼寝は諦めて少し早めに帰還した方がいいかもしれない。

PB300022.jpg海岸に打ち寄せる波の隙間でカヤックを浮かべ出艇。
今日は西風が吹かない予報なのに、あきらかに北西から風が吹いている。

PB300024.jpgそして、雲見崎のギザギザポイントにやってきた。
ギザギザな波が波状攻撃でやってくる。
波の間隔が狭すぎて、バウが叩き落されカヤックが水平になる間も無く空に向かって持ち上げられる。
へっぽこなスキンカヤックなら、フレームが折れちゃうかもしれない。

PB300029.jpg幸いギザギザは長く続かず、カヤックの向きが変わるにつれ穏やかな海が戻ってきた。
そして、萩谷崎を回る時にもう一度ギザギザ。
ただし、雲見崎のギザギザよりもパワーがなかったので助かった。

上陸を考えていた萩谷崎の入江では、数人のカヤッカーが焚き火を囲んでいた。
私は上陸を遠慮し、まるで円形コロシアムの様な場所を楽しみながら、まっすぐ松崎海岸に向かった。

IMG_1916.jpgもともと "キャンプ" と言って家を出たので、今日は下田で泊まることにした。
宿に電話し部屋を確保してから、カヤックを撤収。
宿に向かうには時間が早いので、防潮堤脇のベンチに腰掛けて早めの夕陽を眺めながら時間を潰した。
はてさて、実際にはキャンプができたんだろうか?
16:00時点のWRF気象予報を見ると、明日の風は東→北→南→西と風向きが360度変わる。
風速は7メートル以下だけど、やはり油断できない海況に思える。

IMG_1917.jpg17時過ぎに宿に到着。
ビールはお風呂を出てから飲みたいので、釣り人達のお風呂が終わるまでお茶で我慢することにする。
さて、今夜は久しぶりに下田の夜。
体調は絶好調。

map_20191130.jpg