赤いテントの防水修理 -プロモンテ VL23-

私の海山用テントは「プロモンテ VL23」。
販売するエイチシーエス曰く "ライト&ファースト、軽量コンパクトを重視しつつオールシーズン使用可能な個人ユース山岳テント" である。
カヤックを始めた前の年に買ったので、かれこれ12年物になる。

CA3I0029.jpgP9130025.jpgこれまでの補修箇所は、ポールスリーブの破け、インナーテント床の穴、ポールの破損。
酷い天候の時にテントを張った事がないので、特に問題が起こったことはない。
テントポール修理

参考までに、今のモデルの型番はVL27で、私の物より4世代新しく、フライシートの色は赤 → イエロー → ライトブルー → オリーブと変わっている。
個人的には、VL23の赤が気に入っているけど、最近赤いテントはあまり見かけない。

数年前からフライシートの裏の縫い目に貼ってある防水テープが劣化しているのを目にしていたけど、見て見ぬふりをしていた。
しかし、先日の久しぶりのキャンプではさすがに見ないふりはできなくなっていた。

IMG_7872.jpgこんな感じでボロボロと剥がれ落ちてくるくらい劣化していて、こうなるとテント自体の買い替えかシームテープの張り替えが必要である。

買い替えであれば、シーカヤック遠征の為にデザインした…という謳い文句のホーボーズネスト2(ホーボージュンさんが監修/製作したテント)が魅力的だった。
しかし、ギアを何種類も買う事ができない私は、一つのテントを山でも使う。
ペグなどを除いた本体重量が1.94kgあるホーボーズネスト2は、プロモンテよりも500グラム重いのが難点。
逆にプロモンテよりも軽いニーモのような超軽量テントもあるけど、タニ 2Pの価格は63,800円。
お高い〜!!
…てなことで、"とりあえず" シームテープの張り替えでしのぐことにした。

意外にもシームテープは、街の山用品屋さんでは売っていなかった。
で、通販で買ったのはYNAKの35mm×20m テープ。
https://amzn.to/36qruva
オリジナルのテープ幅を見るかぎり25mm でもいいんだけど、貼り易さ優先で35mmにした。

そして、連日の深夜F1観戦で生活リズムが崩れている日曜日、やっと補修する気力が湧いて作業開始。

IMG_7962.jpgとりあえず、これで使ってみる。