罠 〜三戸浜から三浦海岸〜

ゴールデンウィークは10連休。
その中日である5月3日の海況は、終日風速は3メートル以下で、9時以降はどこでも0.3メートル以下の波…という絵に描いたような穏やかな予報らしい。

IMG_8309.jpg午前7時半、三浦海岸駅に一番近い駐車場「タイムズ 三浦海岸駐車場」に車を停めた。
この時点では、当日1日最大料金 1,100円からパーク&ライド料金で220円優待され、880円で停められると思っている。

電車で三崎口に移動し、例によってコンビニで昼飯と水を買い出し、タクシー乗り場に向かうと、釣竿を持ったオヤジが待っていた。
「タクシー来ないですね。」
「多いときは、3〜4台待っているんだけどねぇ。」
「どこまで行かれるんですか?」
「小網代の近く。」
10分ほど待ったところで、タクシーが1台来た。
そのオヤジは同じ電車に乗っていたので、たぶん20分位待っていたと思う。
「楽しんでください。」
と言うと、オヤジは手を振りながらタクシーに乗り込み、駅のロータリーを離れて行った。

それから待つこと10分。
やっと "自分のタクシー" がやってきた。
「今日はタクシーが少ないですね?」
「まだ時間が早いから待機してるんじゃないかなぁ。」
聞くと、ゴールデンウィークにも関わらず、タクシーを利用する人は少ないらしい。

IMG_8311_20220503.jpg1年3ヶ月ぶりの三戸浜。
風・波・太陽そして打ち上げ 〜三戸浜から三浦海岸〜
駐車場は相変わらずガランとしていて静か…というか寂しい。

P5030005_20220503.jpg今日は、三浦海岸までのワンウェイ。
予報どおり、風はおさまっており、潮の透明度もまあまあ。

P5030007_20220503.jpg荒井浜の辺り。

P5030010_20220503.jpg小網代から何艇ものヨットが連なって出てきた。
この後、南三浦では、戻ってきた漁船や遊漁船の船団で "とおせんぼ" を喰らうことになる。

P5030015.jpg諸磯。
上陸せずに、城ヶ島に向かう。

P5030016.jpgP5030020_20220503.jpg城ヶ島は海の色が綺麗だった。
多少ウネリはあるものの、ブーマーも無く、安心して岸に近づくことができる。
入江の中で、小休止。
ちなみに、新しいグローブ「NRS Boater's Glove」はどうかと言うと…使い心地は圧倒的に「Kokatat Lightweight Glove」の勝ち。
みのる君引退

P5030024.jpg5月になったのに、赤羽根海岸のウミウ断崖では北の海に帰っていないウミウが何羽もいた。
「三浦半島渡り鳥連絡会」の5月1日のレポートによると、確認できたウミウは3羽。
今私がいるこの時点(5月3日 10:47)では、15羽が確認できた。
城ヶ島沖の海鳥観察 2022/05/01(外部サイト)

ウミウ以外の渡り鳥の生息数については、同じサイトのこのページが参考になる。
なんとオオミズナギドリは現時点で約1万羽がいる。
ウミウと逆で、オオミズナギドリは暖かくなると寒い北国からやって来る。
2022年 城ヶ島沖の海鳥観察報告(外部サイト)

オオミズナギドリ他、野鳥の情報についてはこちらのサイトが素晴らしいのでリンクします。
野鳥動画フィールドノート(外部サイト)

P5030026_20220503.jpg安房埼を回り込むとこんな状態だった。
「終日風速は3メートル以下」という予報はどこへやら、デッキも漕ぎ手もスプレーを浴びて潮だらけである。
宮川へ向かう。

P5030027_20220503.jpg宮川フィッシャリーナの横にある砂浜に上陸。
春の干潮時、南三浦の海岸はどこでも磯が露出し岸に近づけない。
いつも休憩やキャンプで使う毘沙門の浜も、大潮の干潮時では、こんな感じで上陸しなければならない。
https://www.is-amu.com/upload_img/P4210022.jpg

ここで、サクッとコンビニのオニギリ弁当で腹ごしらえ。
温かいコーヒーを飲んで英気を取り戻してから "風の海" に戻った。

P5030029.jpeg風は少しおさまり、漕ぎやすくなっていた。
横瀬島を過ぎ、松輪漁港の手前で、戻ってきた漁船数隻の通過を待つ。

P5030032.jpegP5030033_20220503.jpg剱崎の先端では相変わらずの三角波。
岬を回り込んだ先にある間口漁港の入港ルートに差し掛かると、今度は遊漁船の船団が連なって戻ってきた。
船の間隔が空いているので、5-6分かかりそうだ。
3隻が通過。
三角波と次々に押し寄せる引き波の海に浮かぶブルーの小さなカヤックは、まるで洗濯機に入れられた木の葉のような状態である。
4隻目が着くまでは少し時間がありそうだった。
これまで通過した3隻と同じ入港ルートであれば、こっちが横断できそうだったので、洗濯機から脱出することにした。
途中まで進んだところで4隻目を見ると、船がルートを変えてこちらに向かって来ている。
横断を諦め、カヤックを停止。手を振って4隻目を見送った。
これまで以上に大きな引き波を受けながら、カヤックはまたもや洗濯機の中に逆戻り。

この日の戸津浜〜雨崎は、ミニブーマーだらけで油断できない。
風は相変わらず3メートル以上で、予報は大外れ。
ここ数年、予報が外れることが多いように思うのは気のせい?

IMG_8318.jpgいつもの菊名ではなく、少しでも駅に近い三浦海岸に上陸。
伊勢佐木町で打ち上げビールをやる事を決めているので、"撤収モチベーション" は高い。
キビキビと撤収し、駅前の駐車場までパックカートを転がした。

IMG_8321.jpg精算…ん?駐車料金が 7,480円(!!)
NAVITIMEの駐車場情報を見直す。

IMG_8319.jpg久しぶりにやってしまった!!
いつも最大料金の説明しか読まない私は、「月-金」の意味を理解していなかった。今日は火曜日だけど「憲法記念日」という日本で一番大切な祝日である。
この辺りの駐車場の当日1日最大料金の相場は約700円なので、そこと比べて多少割高だけど、駅前の立地を優先して選んでしまった。
「タイムズ 三浦海岸駐車場」は京急ストアの駐車場も兼ねている。そして前回やってしまったのも葉山の京急ストア。
他のマーケットは知らないが、京急ストアの駐車場を長時間利用する場合は要注意!!

膨らんんでいた "打ち上げモチベーション" は、プシューと萎んでしまった。
仕方がないので、自宅近くの肉屋で、コロッケ、ポテトサラダ、大学イモを仕入れ帰宅。
意気消沈しながら作った三冷ホッピーを飲みながらワンチャンに事の顛末をメールすると、何気なく買ったツマミの三品は「全て芋ですね」と突っ込まれた。
昨日は、廃盤になったマタドールのパッカブルリュック(旧モデル)をシンガポールのショップで見つけ、送料無料で送ってもらえると喜んでいたのに…幸不幸は紙一重である。
まぁ、"幸"→"不幸"ときた次は "幸" が来る事を信じてみよう。
それにしても、買ってきたポテトサラダはとっても美味い。
もしかして、これが"幸" ?
もっとすごい"幸"が欲しい!!

map_20220503.jpg